浦和痛恨3連敗、“誤審”から逆転負け GK西川「確実に入っていた」

[ 2019年5月18日 05:30 ]

明治安田生命J1第12節   浦和2―3湘南 ( 2019年5月17日    埼玉 )

<浦和・湘南>アディショナルタイムに逆転ゴールを決められた浦和の選手たちはぼう然(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 浦和のGK西川も、まさかの“誤審”に動揺を隠せなかった。失点を確認し、センターサークルにボールを返そうとしたらプレーが再開していた。「あれは確実に入っています。なぜ、プレーがスタートしているのかも分からなかった」と振り返った。

 この日は前節から先発を7人入れ替えて臨んだ一戦。MF長沢とFWナバウトの得点で2点を先行するも、“誤審”で火の付いた湘南の反撃に遭い逆転負け。痛恨の3連敗となった。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2019年5月18日のニュース