G大阪・田中 移籍初ゴール「結果が欲しかったので良かったです」

[ 2019年4月24日 22:51 ]

ルヴァン杯Dグループ第4節   G大阪4―1磐田 ( 2019年4月24日    パナスタ )

<G大阪・磐田>前半、得点を決め喜ぶG大阪・田中(左)(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 今季J2熊本からG大阪に完全移籍してきたMF田中達也(26)が移籍初ゴールを叩き出した。1点リードの前半12分、MF矢島の絶妙な縦パスに抜け出し、DFをかわして右足一閃。「結果が欲しかったので良かったです」。ヒーローインタビューでは、初々しい笑みを浮かべた。

 昨季J2リーグでは9得点12アシスト。抜群のスピードを生かした突破が最大の武器だが、ここまでは持ち味を発揮しきれずにいた。この日は主戦場の右サイドではなく、左MFでの先発だったが「プロに入った時は左サイドだったので違和感はなかった」という。「リーグ戦でもチャンスがあれば頑張りたい。結果を残して勝利に貢献したい」。昨年J2山口から加入してレギュラーを掴んだMF小野瀬康介のように、ここから成り上がっていく決意を示した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年4月24日のニュース