ハノーバー浅野に“飼い殺し令”、買い取り義務回避へ会長指示

[ 2019年4月7日 05:30 ]

ハノーバーのFW浅野拓磨
Photo By スポニチ

 ハノーバーのFW浅野について、クラブのキント会長がドル監督に文書で試合に起用しないよう指示を出したと、6日付のドイツ紙ビルトが報じた。

 アーセナルから期限付き移籍している浅野が10試合以上に先発した場合、ハノーバーに300万ユーロ(約3億7500万円)で買い取り義務が発生する契約条項があるという。浅野は現在9試合に先発しており、キント会長は「ハノーバーにプラスとなる決定が必要」と意図を説明。浅野は6日のウォルフスブルク戦でベンチ外だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年4月7日のニュース