乾、本職左MFで出場有力「アピールできなかったら明日が最後」 

[ 2019年3月26日 05:30 ]

国際親善試合   日本―ボリビア ( 2019年3月26日    ノエスタ )

ボール回しで軽快な動きをみせる乾(手前左)(右は昌子、左奥は山口)(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 慣れ親しんだ左MFでの先発が有力となった。所属するアラベスでは右MFが主戦場だが、代表など元々は左MFが本職だ。左MFなら先発デビューとなる安西と縦のラインを組むことになるだけに、「幸輝は攻撃的な選手なので、そこを引き出してあげられるようにしたい」と全面サポートを約束。

 若い選手の突き上げについては「アピールできなかったら、明日が(代表)最後になる可能性がある」と危機感も見せた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年3月26日のニュース