鹿島 2戦連続完封へ武蔵を警戒「特徴はつかんでいる」

[ 2019年3月17日 05:30 ]

試合前日のリラックスゲームでセルジーニョ(左)をマークする町田
Photo By スポニチ

 17日の敵地・札幌戦で、鹿島がリーグ2試合連続の完封を目指す。

 相手の前線に君臨するのは、日本代表に初選出され波に乗るFW鈴木武蔵だ。対するセンターバックの先発は町田と犬飼のコンビが濃厚。U―22日本代表の町田が「身体能力があり、裏に抜けるスピードもある。集中力を切らしたらやられる」と警戒すれば、犬飼も「スピードがあるのでまずは簡単に裏を取られないこと。同い年で昔から知っていて、特徴はつかんでいる」と力を込めた。今季は札幌と同じ3バックの大分に開幕戦で敗れ黒星スタート。だが、試合を重ねるごとに対応力は向上している。「(失点)ゼロでしっかり勝って、いい中断を迎えられたら」と犬飼。武蔵に“斬られない”堅守が鍵だ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年3月17日のニュース