横浜 開幕2連勝貢献のDF高野が今季絶望に…右膝負傷で全治8カ月

[ 2019年3月11日 14:28 ]

 J1の横浜は11日、DF高野遼(24)が横浜市内の病院で検査を受け、右膝前十字靱帯損傷と診断されたと発表した。

 8日の練習中に負傷。全治までに要する期間は8カ月の見込みで、今季中の復帰は絶望的となった。

 神奈川県出身の高野は横浜ユース、日本体育大を経て2017年に横浜入り。2015年には当時J1だった湘南、16年には横浜で特別指定選手だったが、3シーズンでリーグ戦出場がなく、17年8月に当時J1だった甲府へ期限付き移籍。J1リーグ戦8試合に出場して1得点を挙げた。甲府がJ2へ降格した翌18年も期限付き移籍期間を延長して残ると34試合に出場して主力として活躍。横浜へ復帰した今季は開幕から2試合連続で先発出場し、左サイドバックとしてチームの開幕2連勝に貢献していた。

 高野は自身のツイッターで「またピッチに立てるようにパワーアップして復帰します」とコメントしている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年3月11日のニュース