鹿島・大岩監督、今季初練習でゲキ アジア王者「相応の行動を」

[ 2019年1月16日 05:30 ]

 鹿島は今季初の全体練習を行い、始動した。冒頭で大岩監督は「我々はアジアチャンピオンとして世間に見られる。ピッチ内外でそれ相応の行動を意識し、タイトルに向けて日々の練習をやっていこう」と選手に自覚を求め、その後、ランニングやストレッチなど軽めのメニューを消化した。

 当面のターゲットは2月19日に行われるACLプレーオフ。指揮官は「新加入選手もいる。持っている力を100%発揮してほしい」とチーム全体の底上げを期した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年1月16日のニュース