名古屋 新キャプテンに元日本代表DF丸山祐市が就任

[ 2019年1月14日 20:35 ]

J1名古屋の新体制発表会で、サポーターと記念撮影する風間監督(中央)と選手
Photo By 共同

J1の名古屋は14日、2019年シーズンのキャプテンに元日本代表DF丸山祐市(29)が新たに就任すると発表した。

 国学院久我山高、明治大を経て2012年にFC東京入りした丸山は14年に湘南へ期限付き移籍し、15年にはFC東京へ復帰。18年7月に名古屋へ完全移籍した。15年に日本代表に初招集され、翌16年に代表デビューを飾っている。

 丸山はクラブを通じて「優勝争いできるよう、風間監督のもと、チーム一丸となって頑張っていきます! 今年も引き続き、応援よろしくお願いします」とコメント。

 なお、名古屋の主将は2018年シーズン限りでの現役引退を発表した元日本代表GK楢崎正剛(42)が00年から13年まで14年連続で務め、14年と15年は元日本代表DF田中マルクス闘莉王(37=現J2京都)、16年は元日本代表MF田口泰士(27=現磐田)、17年と18年はJ2千葉への移籍が発表された元日本代表FW佐藤寿人(36)が務めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年1月14日のニュース