森保J 佐々木が練習試合で2アシストの活躍

[ 2018年12月30日 15:29 ]

2アシストの活躍をした佐々木翔
Photo By スポニチ

 1月にUAEで開幕するアジア杯へ千葉県内で合宿中に日本代表は最終日の30日、流通経済大と練習試合(35分×2本)を行った。

 メンバーは東京五輪世代のトレーニングパートナーを含めたミックスで行われ、左サイドバックに入ったDF佐々木翔(29=広島)が2アシストの活躍。

 前半11分に左足クロスでペナルティーエリア内のMF伊東純也(25=柏)に送ると、伊東が右足で1トラップし、最後は左足でゴール右隅に蹴り込んだ。さらに同24分には左足で前線にパスを送ると、今度はトレーニングパートナーで、20年シーズンでの川崎F入りが内定している筑波大3年のMF三笘薫(21=筑波大)が右足で追加点を決め、前半は2―0で終了した。

 メンバーがガラリと代わった後半は速攻から何度かチャンスを得たが決められずスコアレスで終了した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2018年12月30日のニュース