鳥栖 GK大久保択生が完全移籍加入「今、自分は試合や勝利に飢えています」

[ 2018年12月29日 15:14 ]

 J1の鳥栖は29日、J1のFC東京からGK大久保択生(29)が完全移籍で加入すると発表した。

 東京都出身の大久保は帝京高から2008年にJ2横浜FC入り。11年にJ2千葉、14年にJ2長崎、17年にFC東京へと移籍した。リーグ戦通算でJ1は10試合、J2は136試合、J3は10試合に出場。今季はJ1で3試合、J3で6試合に出場している。

 大久保は鳥栖を通じて「自分を必要としてくれたチーム、そしてこのチャンスをくれたことに感謝しています。今、自分は試合や勝利に飢えています。チームの勝利に貢献できるよう、毎日の練習、1試合1試合の結果にこだわって戦っていきたいと思います」とコメント。

 FC東京を通じては「東京ではなかなかチームの勝利に貢献できませんでしたが、ゴールキーパーとして成長し、J1でもプレーできるという自信がつきました。だからこそ東京で試合に出場し結果を残したかったのですが、今回オファーをいただいた時に新しいチャレンジをしたいと思い、この移籍を決断しました。何も成し遂げることが出来ずに東京を離れるのは心残りですが、サガン鳥栖の選手として味の素スタジアムでプレーすることを楽しみにしています。2年間本当にありがとうございました」と談話を発表している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年12月29日のニュース