曽ヶ端、寂しさも同期の次のステップ尊重「本人の考えがある」

[ 2018年12月29日 05:30 ]

曽ヶ端(右)と小笠原(左)
Photo By スポニチ

 鹿島同期入団のGK曽ケ端は引退を聞いた時の心境を「(中田)浩二の時もそうでしたけど寂しさを感じた」と話しつつ、「本人の考えがあると思う。真っすぐ向かっていってくれるんじゃないかな」と次のステップを尊重した。

 今後はチームに大事な柱が一つ欠けるが、「鹿島の支柱はあいつ。そうやってずっとやってきた。代わる存在が出てくると思うし、出てこないといけない。そういう手助けも浩二や満男がしてくれると思う」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年12月29日のニュース