川崎F、ブラジル人DF2選手獲得 複数タイトルへ着々と補強

[ 2018年12月29日 05:30 ]

 リーグ連覇を果たした川崎Fが新たなブラジル人2選手を獲得することが28日までに分かった。

 ブラジル1部パラナ・クルーベのDFジェジエル(24)と同2部ビラノバのDFマギーニョ(26)。ジェジエルは1メートル86の長身センターバック。一方のマギーニョは攻守にハードワークが売りの右サイドバックで、今季限りでの退団が決まっているDFエウシーニョの後釜として期待されている。

 川崎Fはリーグ3連覇に加えACL初制覇も目指し、既に12年ロンドン五輪得点王の元ブラジル代表FWレアンドロ・ダミアンを獲得。その他にもC大阪からMF山村、広島からDF馬渡も獲得しており、目標に掲げる複数タイトルへ着々と補強を進めている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年12月29日のニュース