小笠原、貫いた鹿島愛で引退迷いなし 黄金世代同期は「財産」

[ 2018年12月29日 05:30 ]

感慨深げな表情の小笠原(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 引退発表から一夜明けた28日、鹿島の元日本代表MF小笠原満男(39)が会見を開いた。引退を決意したのは、ピッチの上で勝利に導けなかったという現実と、鹿島への愛があったからこそだった。会見で時折、目に涙を浮かべたクラブのレジェンドは、後輩に道を譲った今後は、ピッチの外からクラブに関わり、タイトルに貢献し続けることを約束した。

 タイトル数を示す17個の星、40の背番号が刻まれたボードを背景に、小笠原は引退理由を語りだした。「ピッチの上でチームを勝たせることができなくなってきたのが、最大の理由」。この日が来たら去る。ずっと前から決めていたことだった。

 本音を言えば「まだまだサッカーをやりたい」思いもあった。けれど、それ以上に、小笠原は「アントラーズが大好き」だった。「若い選手にピッチに立ってほしい。違った立場でチームのためになっていきたい」。他チームからの誘いはあったが迷いはなかった。

 「自分の人生振り返ると、悔しい悔しいの連続。負けたくないライバルもいたし、そういう思いで突っ走ってきた」。日本一タイトルを獲った男は日本一負けず嫌い。現役生活で一番印象に残る「ゴール」を問われてあえて挙げたのは、99年ナビスコ杯決勝(柏戦)のPK戦でGKに止められてタイトルを失ったインサイドキックだった。

 子供たちに教える機会では、自身の失敗を伝えて練習のキック一つがいかに大切か伝えるようになった。ベンチ外が増えた晩年まで、練習は毎日、全力。「最後まで自分を押し殺してチームのためにやることを心掛けた」。背中でプロを見せきった。

 黄金世代の同学年の選手が「モチベーション」で「財産」だった。鹿島では本山、中田、曽ケ端と同期。代表では一緒にU―20W杯準優勝を成し遂げた小野、稲本らが現役を続ける。「同級生にはまだまだ頑張ってほしい」。先に辞めるのは悔しいかと聞かれると「完敗です。最初から最後まで勝てなかった。本当に偉大な選手たち」と称えるように目を細めた。

 勝利にこだわる男らしく、花道は“却下”する。「個人的に引退試合はやりたくない。やるなら真剣勝負の試合がしたい」。鹿島に早く恩返しするために、休みもいらない。「早く働きたい。本気でアントラーズを強くするために、関わりたい」。ユニホームを脱いでも勝負師を貫く。

 ◆小笠原 満男(おがさわら・みつお)1979年(昭54)4月5日生まれ、岩手県出身の39歳。大船渡高から98年に鹿島入り。06年8月にメッシーナへ期限付き移籍し、翌年鹿島へ復帰した。Jリーグでは6度ベストイレブンに輝き、09年には最優秀選手賞(MVP)受賞。02年3月の国際親善試合ウクライナ戦でA代表デビュー。02、06年W杯出場。J1通算525試合69点。国際Aマッチ通算55試合7点。1メートル73、72キロ。利き足は右。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年12月29日のニュース