代表23選手背番号発表 中島10番継続、11番には新鋭北川

[ 2018年12月29日 05:30 ]

練習前に笑顔の森保監督(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 日本協会はアジア杯に臨む23選手の背番号を発表した。香川がメンバー外となり、10番は森保ジャパン初陣からつけ続けているMF中島に決定。

 90年以降、三浦知良の代名詞となり、W杯ロシア大会では宇佐美がつけた11番は新鋭FWの北川がつけることになった。その他は大迫の15番、吉田の22番などこれまで同様の背番号をつけて臨むことになった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年12月29日のニュース