G大阪からJ2東京Vへ期限付き移籍中 泉沢にポーランド1部からオファー

[ 2018年12月28日 05:50 ]

G大阪時代の泉沢仁
Photo By スポニチ

 G大阪からJ2東京Vに期限付き移籍しているMF泉沢仁(27)がポーランド1部ポゴニ・シュチェチンから獲得オファーを受けていることが27日、分かった。関係者によると細部の詰めを残すだけで、近日中にも渡欧予定。夢の海外挑戦の可能性が高まった。

 東京Vからは契約延長のオファーを受け、さらにC大阪など複数クラブも獲得に乗り出す中、日本人選手の獲得を目指していたポゴニが参戦。J屈指のドリブラーに白羽の矢を立てた。年俸は国内クラブよりも低くなる見込みだが泉沢本人は海外志向が強く、年齢的にもラストチャンスになるだけに前向きに考えているもようだ。

 ポゴニは27日時点で首位・レヒアと勝ち点11差の5位。ポーランドリーグからステップアップを果たしたベルギー1部アンデルレヒト所属の元日本代表MF森岡亮太(27)のように、活躍次第ではより大きなリーグへの移籍も見えてくる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2018年12月28日のニュース