アジア杯A代表合宿 東京世代6選手が練習パートナーに

[ 2018年12月26日 05:30 ]

法大のU―21日本代表FW上田綺世
Photo By スポニチ

 日本サッカー協会は来年1月のアジア杯(UAE)に向け、26日から千葉県内で始動する日本代表の事前合宿に参加するトレーニングパートナーを発表した。

 川崎F入りが内定しているMF三笘薫(筑波大)、FW旗手怜央(順大)をはじめ、FW上田綺世(法大)、MF伊藤洋輝(磐田)、DF菅原由勢(名古屋U―18)、DF小林友希(神戸U―18)の20年東京五輪世代6選手で30日まで参加する予定。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2018年12月26日のニュース