【加茂周 視点】お見事!浦和の守備陣 完璧に機能したジャーメイン封じ

[ 2018年12月10日 09:00 ]

天皇杯決勝   浦和1―0仙台 ( 2018年12月9日    埼玉 )

前半、仙台・ジャーメイン(左)と競り合う浦和・岩波(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 浦和の勝因は、守備が完璧に機能したことだろう。槙野、阿部、岩波のDF3人が全く崩れず、仙台のポイントゲッターのジャーメインに仕事をさせなかった。前線でもFW興梠が忠実に守備をして、仙台の攻撃をスローダウンさせ、味方の陣形を整える時間をつくった。オリヴェイラ監督が就任してリーグ戦でも徐々に守備が整ってきていたが、それが天皇杯で結果となった。

 決勝点は宇賀神のミドルシュートだったが、思い切りよく打ったことと、きちんと枠の中に飛ばしたことが全てだった。試合開始直後は仙台のリズム。5分ぐらいで浦和のリズムになったが、その直後に先制したことで勝負は決まった。

 私も天皇杯優勝の経験があるが、リーグ戦と違って流れがより大事。メンバーや戦い方を変えず、選手を伸び伸びと戦わせるようにしていた。浦和も今回、準決勝と決勝は中3日。DFマウリシオがケガで阿部に代わったが、勢いを大事にしたことが勝利に結びついたと思う。 (元日本代表監督)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2018年12月10日のニュース