3度目J2降格の柏 細貝がタイクラブ、ディエゴ・オリヴェイラがFC東京へ完全移籍

[ 2018年12月6日 15:32 ]

細貝萌(左)とディエゴ・オリヴェイラ
Photo By スポニチ

 9年ぶり3度目となる来季のJ2降格が決まった柏は6日、元日本代表MF細貝萌(32)がブリーラム(タイ)に完全移籍することが決まったと発表した。

 前橋育英高から2005年に浦和入りした細貝は11年から海外へ活躍の場を移し、ドイツやトルコでプレー。昨年3月にシュツットガルト(ドイツ)から柏入りしたが、昨季はJ1リーグ戦14試合0得点、今季は8試合0得点だった。

 細貝はクラブを通じて「ドイツから戻ってきて2シーズンという短い期間でしたが、小学生の頃から憧れていた選手がプレーしていた日立台でプレーできたことは非常に光栄でした」とコメント。「このままレイソルの選手として仲間と一緒にプレーし続けたい気持ち、若い選手が多いレイソルで自分が経験してきたことを間近で伝えていきたい気持ち、様々な思いの中で悩み、葛藤もしましたが、サッカー選手として自分自身がもっと成長し続けたい、その気持ちで新しいチャレンジをすることに決めました」と移籍を決断した理由を説明した。

 また、クラブは今季からFC東京へ期限付き移籍し、J1リーグで32試合13得点の成績を残したFWディエゴ・オリヴェイラ(28)がFC東京へ完全移籍することが決まったことも発表している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2018年12月6日のニュース