W杯参加選手クラブに収益分配発表 マンCが最高額の約5億6540万円

[ 2018年12月6日 05:30 ]

 国際サッカー連盟(FIFA)は4日、W杯ロシア大会の参加選手が所属するクラブへの収益分配を発表し、最高額はマンチェスター・シティー(イングランド)の500万3440ドル(約5億6540万円)だった。

 63カ国・地域の416クラブに計2億900万ドル(約236億1000万円)が支払われる。2位はレアル・マドリード(スペイン)、3位はトットナム(イングランド)。Jリーグでは363万9380ドル(約4億1000万円)が10クラブに分配され、トップは浦和の67万6370ドル(約7640万円)だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2018年12月6日のニュース