イニエスタ チビっ子を指導「自分の考え方を日本に伝えたい」

[ 2018年11月26日 05:30 ]

子どもたちに手本を見せる神戸MFイニエスタ(中央)
Photo By スポニチ

 イニエスタが自身が運営するサッカーアカデミーを日本で初開催し、神戸市のいぶきの森球技場で小学4〜6年生の約80人を指導した。

 最後のミニゲームでは児童と一緒にプレーした元スペイン代表の世界的名手は「自分のサッカーの考え方、どうプレーしているかを日本に伝えるためのプロジェクトになれば」と語った。今回のアカデミーは神戸と、クラブを運営する楽天が主催。2019年から本格始動を予定している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年11月26日のニュース