横浜 山中、残留争い大一番欠場 代表デビュー戦で左太腿負傷

[ 2018年11月24日 05:30 ]

練習を途中で切り上げた山中(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 横浜の日本代表DF山中亮輔(25)が左太腿裏の違和感のため24日の鳥栖戦を欠場する見通しとなった。23日の練習はほぼフルメニューを消化したものの、「違和感という感じ。スプリントのところが怖い」と説明。ポステコグルー監督も「今回は連れていかない」とチームに帯同しないことを明言した。

 山中はA代表デビュー戦となった20日のキルギス戦で開始2分でゴール。しかし、「後半30分くらいで(患部を)やっていた」と左太腿裏を痛めた。すでに交代枠を使い切った後だったため、そのままプレーを続けたという。

 勝てばJ1残留が決まる鳥栖戦への出場はできないが、今後は12月1日の最終節C大阪戦での復帰を目指すことになる。初参加だった日本代表について「こういった人のグループでまたやりたいという思いが強くなった」と語り、来年1月のアジア杯メンバー入りも見据えて治療を優先する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2018年11月24日のニュース