北川 シュート防がれ“世界の壁”を痛感「足が伸びてくる」

[ 2018年11月17日 05:30 ]

国際親善試合   日本1―1ベネズエラ ( 2018年11月16日    大分銀行ドーム )

<日本・ベネズエラ>後半、シュートを放つ日本代表・北川(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 FW北川はパナマ戦に続く代表2試合目で世界の壁を感じた。

 後半アディショナルタイム、原口のクロスを絶妙なトラップで収めて反転。角度のない位置から左足で狙ったシュートは、置き去りにしたと思っていたDFのブロックに阻まれた。「足が伸びてくるし、ボディーコンタクトは想像よりも速かった。この感覚を大事にして、よりレベルアップしていきたい」と、さらなる成長を誓った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2018年11月17日のニュース