フローニンゲン堂安 2戦連発!豪快ミドル決め代表合流へ弾み

[ 2018年11月12日 05:30 ]

オランダ1部   フローニンゲン2―0ヘーレンフェレン ( 2018年11月11日 )

<フローニンゲン・ヘーレンフェイン>前半、競り合うフローニンゲンの堂安(左)
Photo By 共同

 フローニンゲンのMF堂安が日本代表合流前の一戦で2試合連続の今季3点目を決めた。

 MF小林と日本人対決となったヘーレンフェイン戦に開幕12試合連続で先発し、後半終了間際までプレー。1―0の前半38分、右サイドから中央に切り込み、左足で約20メートルの豪快ミドルを左上に突き刺した。前節に「俺のところからほとんどチャンスが生まれていたのは分かっている。これを毎試合やらないと意味がない」と話していた通りの活躍で、チームを2連勝と最下位脱出に導いた。

 小林は先発し、後半11分に退いた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2018年11月12日のニュース