磐田 2点差逆転で残留前進 小川航、終了間際PK勝ち越し弾

[ 2018年11月4日 05:30 ]

明治安田生命J1第31節   磐田3―2広島 ( 2018年11月3日    ヤマハ )

試合終了間際、小川航がリーグ初得点となる決勝PKを決める
Photo By スポニチ

 磐田は2点差を逆転し、残留に前進した。0―2の後半に日本代表FW川又、DF桜内のゴールで同点とし、終了間際にFW小川航のPKで勝ち越した。

 プロ3年目でリーグ初得点を挙げた小川航は「苦しんで悩んだ日もあったが、勝ててよかった」と笑顔。7日に発表されるU―21日本代表復帰もアピールした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2018年11月4日のニュース