名古屋、連敗でJ1残留暗雲 風間監督「もったいなかった…」

[ 2018年11月4日 05:30 ]

明治安田生命J1第31節   名古屋0―2神戸 ( 2018年11月3日    豊田ス )

神戸に敗れ、肩を落とす名古屋イレブン
Photo By 共同

 名古屋は2連敗で15位から上がれず、J1残留に暗雲が垂れ込めた。前半は終始神戸ペースでなかなか前を向いてゴールまでたどり着けなかった。攻めを厚くした後半はFW玉田のゴールで早々と追い付いたが、後が続かなかった。風間監督は「後半でしっかり勝たないといけなかった。凄くもったいなかった」と反省した。

 残り試合は一つでも多く勝ち点が必要となる。玉田は「いい状態で挑み、集中してやっていきたい」と意気込んだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2018年11月4日のニュース