J3参戦5年目で…FC琉球がJ3初優勝&J2初昇格決める

[ 2018年11月3日 20:22 ]

 明治安田生命J3リーグは3日、各地で第30節第1日の3試合が行われ、琉球が4―2で群馬を下してJリーグ参戦5年目にしてJ3初優勝と来季のJ2初昇格をダブルで決めた。4試合を残しての優勝決定はJ3史上最速。

 琉球は前半2分に中川のゴールで早くも先制点をもぎ取ると、前半を2―0で折り返し。後半は3点リードから1点を失ったが、その後、中川がもう1点決めるなど4―2で勝ち切った。

 琉球はJ3初参戦となった2014年が12チーム中9位で、15年が13チーム中9位、16年が16チーム中8位、昨季は17チーム中6位。かつて磐田、札幌でプレーした金鍾成(キム・ジョンソン)監督(54)が16年に就任してから力をつけ、7戦負けなしでJ3優勝&J2昇格というゴールに飛び込んだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年11月3日のニュース