アジア制覇に王手も「もっと応援してくれないと俺たちは優勝できない!」あおる昌子にサポ大興奮

[ 2018年11月3日 17:30 ]

ACL決勝第1戦   鹿島2―0ペルセポリス ( 2018年11月3日    カシマ )

<ACL決勝 鹿島・ペルセポリス>後半、競り合う鹿島・昌子(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 サッカーのアジア王者を決めるアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は3日、茨城県鹿嶋市のカシマスタジアムでホーム&アウェー方式による決勝の第1戦が行われ、クラブ史上初めて決勝に進出した鹿島はペルセポリス(イラン)と対戦。後半13分のMFレオ・シルバ(32)のゴールに続いて、後半25分にはMFセルジーニョ(23)がACL5戦連発となるゴールを決めて2―0で勝利を収め、クラブの主要タイトル20冠目となるタイトルへ王手をかけた。

 キャプテンマークを巻いて臨んだ試合で完封勝利を飾り、チームを代表してヒーローインタビューに臨んだ日本代表DF昌子源(25)は「まず、こんなにもたくさんのお客さんに入っていただき、本当にありがとうございます」と感謝の言葉。「きょうの2―0っていう結果はね、本当に皆さんが作ってくれた雰囲気のおかげだと思っています。特に僕は後ろの選手なので皆さんの背中を押す声援が無失点という結果になりました。本当にありがとうございます!」とサポーターに向けて声を張り上げた。

 2ゴールを挙げて無失点での完勝で第1戦を制し、クラブ初となるACL制覇に向けて大きく前進。来月にUAEで行われるクラブワールドカップ(W杯)出場を懸けて臨む決勝第2戦は、日本時間10日の24時(11日午前0時)から敵地イランの首都テヘランにあるアザディスタジアムで行われる。

 「アウェーはもう本当にいっぱいの人が入ると思いますけど、きょうの試合じゃまだまだ足りないし、正直言ってきょうの応援じゃまだまだ足りない。もっと応援してくれないと俺たちは優勝できない!だからもっと応援してください!!よろしくお願いしまーす!!!」と絶叫した昌子。気迫を前面に出してサポーターをあおると「ありがとうございます!」と自らインタビューを切り上げ、力強いコメントにサポーターも大喜びだった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2018年11月3日のニュース