名古屋2連敗 玉田が同点弾も…ジョー不発

[ 2018年11月3日 19:21 ]

明治安田生命J1第31節   名古屋1-2神戸 ( 2018年11月3日    豊田スタ )

 4万人超えのホームで名古屋が2連敗を喫した。神戸を迎えた一戦は、0―1の後半1分に元日本代表FW玉田がJ1通算99点目となるゴールを決めて同点に追いつく。だが、同40分に神戸の元ドイツ代表FWポドルスキに豪快なシュートを叩き込まれて決勝点を献上。15位からの浮上はならず、J1残留へ前進することはできなかった。

 J1得点ランクトップに立つ元ブラジル代表FWジョーは、後半に決定機を迎えながらも仕留めきれず不発。チケットが完売し、4万1044人が入った豊田スタジアムで敗れた。試合後には「自分たちがやるべきことをやれなかった。また火曜日に試合(延期になっていたC大阪戦)がある。切り替えてやっていきたい」とジョーは前を向いた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年11月3日のニュース