神戸・イニエスタ鮮やかアシスト 約2カ月半ぶりとなる白星に貢献

[ 2018年11月3日 19:06 ]

明治安田生命J1第31節   神戸2―1名古屋 ( 2018年11月3日    豊田スタ )

 神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)が鮮やかなアシストを決め、約2カ月半ぶりとなる白星に貢献した。前半10分、バイタルエリアで元ドイツ代表FWポドルスキのパスを受けると、時間を作り、ペナルティーエリア内へと柔らかな浮き球パスを供給。走り込んだポドルスキが左足ボレーで流し込み、先制点を奪った。

 後半は盛り返してきた名古屋に苦しみながらも、再び勝ち越して8試合ぶりの勝利。勝ち点40とし、最低限の目標といえるJ1残留に大きく前進した。「何より勝ち点3を取れたことがうれしい。今まで悪い流れだったけど、勝ち点3はチームにとって自信になる」とイニエスタ。先制点をお膳立てしてもらったポドルスキは「アンドレス(イニエスタ)から凄く良いパスが来た。触るだけだった」と感謝していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年11月3日のニュース