パリSG 開幕12連勝!エムバペ&ネイマールが躍動 欧州五大リーグの新記録だ

[ 2018年11月3日 17:06 ]

フランス1部第12節   パリ・サンジェルマン2―1リール ( 2018年11月2日 )

ゴールを喜ぶPSGのエムバペとネイマール(AP)
Photo By AP

 フランス1部リーグで連覇を狙うパリ・サンジェルマンは2日、ホームでリールを2―1で下し、リーグ記録の開幕連勝を12に伸ばした。同リーグによると、1960〜61年にトットナム(イングランド)が記録した開幕11連勝を抜き、欧州五大リーグ(イングランド、スペイン、ドイツ、イタリア、フランス)の新記録となった。

 世界屈指の2トップが躍動した。19歳のフランス代表FWエムバペが後半25分、4試合連続のリーグ最多11点目となる先制ゴール。ブラジル代表FWネイマールのスルーパスから右足ミドルシュートを右隅に突き刺した。同39分にはネイマールがリーグ2位の9点目となる右足ミドル弾を右隅に決めた。

 終盤に1点を返されたものの、ボール保持率66%など内容で2位リールを圧倒。今季就任したトゥヘル監督は「素晴らしいパフォーマンスだった。ボールを支配できたし、相手得意のカウンターも封じることができた。今季最高の試合だと思う」と選手を称えた。

 国内では無敵を誇る一方で、欧州チャンピオンズリーグではリバプール(イングランド)、ナポリ(イタリア)と強豪がそろった1次リーグC組で勝ち点4の3位と苦戦中。6日にアウェーで勝ち点5の2位ナポリと対戦する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年11月3日のニュース