J3富山 安達亮監督の来季続投を発表 現在11位も「さらに進化させられる」と評価

[ 2018年11月2日 15:17 ]

 J3富山は2日、安達亮監督(49)が来季も引き続き監督として指揮を執ることが決定したと発表した。

 神戸で監督や強化部長などを歴任した安達監督は今季から富山の監督に就任。第29節終了現在、17チーム中11位に低迷しているが、森野弘樹社長(54)は「安達監督の指揮のもと、今シーズン後半戦の試合内容は、これまで以上に攻撃的で、最後まで諦めずに走り抜くチーム姿勢が明確になってきている。競争意識と伸長度を確実に把握したうえで選手を起用し、若いチームをさらに進化させられる監督と判断したことから、今シーズンを最後まで戦い、来シーズンに向けた準備を着実に進めていくため、今般、監督続投を決定した」と説明。

 安達監督はクラブを通じて「今シーズンに引き続き、来シーズンもカターレ富山の指揮を執ることになりました。自分自身も含めて、チームもクラブもまだまだ成長出来ると思います。スポンサー、ファン、サポーターの皆さんと共にJ2昇格を目指して全力で頑張ります」とコメントしている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年11月2日のニュース