J3最下位の北九州 ”闘将”柱谷哲二監督らコーチ、強化育成本部長が総退陣へ

[ 2018年11月2日 14:43 ]

J3北九州の柱谷哲二監督
Photo By スポニチ

 J3北九州は2日、契約満了に伴い、柱谷哲二監督(54)が今季限りで退任すると発表した。12月2日の今季最終戦までは指揮を執る。

 元日本代表主将でもある柱谷監督は今年6月に監督就任したが、第29節終了現在、最下位の17位に低迷している。実兄である柱谷幸一氏(57)は2013年から16年まで北九州の監督を務めており、兄弟で同一チームの監督を歴任することでも話題となった。

 また、鄭容台(チョン・ヨンデ)コーチ(40)、八田康介コーチ(36)、高崎理貴GKコーチ(48)および佐野達強化育成本部長(54)も契約満了に伴い、今季限りで退任する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年11月2日のニュース