監督辞任のリトルなでしこ ピリピリムードで始動 後任の池田監督「頑張るのみ」

[ 2018年11月2日 05:30 ]

 U―17女子日本代表監督の交代を発表した日本協会の田嶋幸三会長
Photo By 共同

 リトルなでしこに激震が走った。日本協会は1日、U―17女子日本代表の楠瀬直木監督(54)が同協会の女性職員に対して不適切な身体的接触があったとして、31日付で辞任したと発表した。後任はU―18同代表の池田太監督が務め、この日始動したU―17W杯(13日開幕、ウルグアイ)に向けた福島合宿から指揮した。

 福島県のJヴィレッジで始まったU―17女子日本代表のW杯直前合宿は、ピリピリしたムードの中で行われた。協会関係者は「前監督についての取材は控えてください」と報道陣に注文を出し、選手はうつむきながら足早に練習場を後にした。

 楠瀬監督に代わり今大会で指揮を執る池田監督は「世界一に向けて、選手とスタッフが一体感を持って頑張るのみ」と語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年11月2日のニュース