W杯出場チーム数拡大22年に前倒しも FIFA会長が示唆

[ 2018年11月1日 05:30 ]

 FIFAのインファンティノ会長が31日、W杯出場チーム数の拡大を26年から22年カタール大会に前倒しする可能性を示唆した。米国、カナダ、メキシコが共催する26年大会で、32から48に増やすことが決まっている。

 クアラルンプールで開かれたアジア連盟の年次総会で「可能であるか検討している」と語った。カタールなどの関係者と議論していることを明かし、実現した場合はアジアの出場枠が現在の4・5から8・5に増える見通しという。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2018年11月1日のニュース