鹿島、若手で来季ACL圏浮上!“ライバル”C大阪下し暫定3位

[ 2018年11月1日 05:30 ]

明治安田生命J1第31節   鹿島1―0C大阪 ( 2018年10月31日    カシマ )

後半、ゴールを決める鹿島・小田(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 鹿島はホームでC大阪を1―0で下し、来季のACL出場圏内となる暫定3位に浮上した。3日のACL決勝第1戦、ホームのペルセポリス(イラン)戦を前に、若手主体の“ターンオーバー”を敢行。後半7分にDF小田逸稀(いつき、20)が公式戦プロ初ゴールとなる決勝点をマークした。公式戦6試合ぶり、リーグ戦3試合ぶりの白星を挙げた。

 来季のACL圏内浮上へ導く決勝ゴールを決めたのは、20歳だった。後半7分の左CK。MF永木のクロスをDF小田がニアで合わせた。ヘディングでのシュートはGKがはじいたが、ボールはゴールラインを割ったとの判定。「暴れたいくらいの気持ちだったけど、みんなが駆け寄ってきてくれたので何にもできなかった」。リーグ戦4試合目の先発でプロ初ゴールを挙げた20歳は、その瞬間を照れ笑いで振り返った。

 大胆なターンオーバー策が成功した。ホームでのACL決勝が3日に迫る中、24日の同準決勝第2戦水原(韓国)戦から先発フィールドプレーヤーをDF昌子以外、9人も変更した。センターラインはMF小笠原、MF永木ら経験豊富な選手が支えたが、主役は小田、MF山口、田中、DF町田、J1初出場のMF久保田ら普段ベンチ外の若手たち。「メンバー外練習で一緒にやっている人が多いのでワクワクした。試合前は“(いつもベンチ外の)悔しい俺らだったら、どう戦う?”と話した」と小田。前半からそれぞれが果敢にゴールに迫った。

 今季、大岩監督はミーティングで「総力戦」という言葉を何度も繰り返してきた。来季のACL圏内浮上のために落とせない過密日程の正念場で、その言葉を体現した。昌子は「“勝ちたい”という気持ちが伝わった試合」と振り返り、ACL決勝に臨む主力に「刺激を与えまくった」と力を込める。いよいよ2日後に迫るクラブ20冠目を懸けたACL決勝戦。大一番を前に、まさに総力戦で弾みをつけた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2018年11月1日のニュース