浦和・長沢、早大合格で若手に知識伝達 二足のわらじに挑戦へ

[ 2018年10月31日 05:30 ]

練習後に長澤和輝は自ら早大大学院進学を発表する(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 日本サッカー界に遺産を残す。早大スポーツ科学学術院に合格した浦和MF長沢が30日、二足のわらじに挑戦する意図を説明した。

 期間は1年間で週の通学日数は未定。すでに論文に取りかかっていると話した26歳は「チームに影響が出ないようにすることが一番大切」とした上で「進学は今年になってから考えた。空いている時間を有効活用して、自分の経験などを体系化して若手に伝えたい」と意気込んだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2018年10月31日のニュース