湘南MF菊地、ルヴァン杯決勝間に合った!全体練習豪州「痛みなくやれている」

[ 2018年10月26日 17:07 ]

ルヴァン杯公式練習で、気合の入った動きを見せる菊地(10)(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 ルヴァン杯決勝の公式練習が行われ、湘南のMF菊地俊介(27)が元気な姿を見せた。14日の準決勝柏戦の第2戦(BMWスタジアム平塚)で試合中に左太腿の肉離れを起こして途中交代、治療に専念していた。前日から全体練習に合流、「やっている感じは大丈夫。痛みなくやれている。決勝のピッチに立ちたいという思いが強かったし、優勝したい。最後は笑って終われるようにしたい」と、ホッとした様子だ。

 高山薫(30)も「湘南で体験したことがないぐらいお客さんも入る。湘南在籍も長いし、タイトル取れたらうれしい」。チョウ・キジェ監督(49)も「クラブとしても初の決勝だし、マリノスとこういうところで戦えて、選手は選手みょうりに尽きる。普段どういう形でやっているかが写し出されるので、普段通りのことが出せれば」と、と、意欲を見せた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2018年10月26日のニュース