堂安、今季初アシスト!“幻”のPKも獲得 大敗も存在感

[ 2018年10月22日 05:30 ]

オランダ1部   フローニンゲン1―4ヘラクレス ( 2018年10月21日 )

ヘラクレス戦の前半、クロスを上げるフローニンゲンの堂安(右)
Photo By 共同

 フローニンゲンの日本代表MF堂安律(20)が21日、敵地のヘラクレス戦に開幕から9試合連続で先発し、今季初アシストを記録した。前半14分、中盤から落ち着いて右に展開。受けたMFマヒのドリブル突破から先制点が生まれた。

 日本代表合宿では長友が「凄く質問攻め」と刺激を受けるほど世界のサッカーを知ろうとし、「もっともっと上を目指したい」という貪欲な思いをオランダに持ち帰った。前半44分には直前の味方のハンドを取られて消えたが、倒されて一度笛を吹かれる幻のPK獲得シーンもあり、チームの中で、存在感を放った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2018年10月22日のニュース