ハリル監督、ナント2戦目で初勝利 4発快勝に「本当の姿を見せてくれた」

[ 2018年10月21日 23:03 ]

フランス1部第10節   ナント4―0トゥールーズ ( 2018年10月20日 )

ハリルホジッチ氏
Photo By スポニチ

 フランス1部ナントのバヒド・ハリルホジッチ監督(66)が、就任から2試合目で初勝利を挙げた。

 20日、ホームのトゥールーズ戦で、エースのアルゼンチン人FWサラのハットトリックなどで4―0と快勝した。自身のフランス1部での白星はパリ・サンジェルマンを解任された2005年以来、13年ぶりで「勝利は本当に嬉しい。チームの本当の姿を見せてくれた。もっとゴールを取れた」と喜びを語った。

 元日本代表指揮官は、今月2日に現役時代にプレーした古巣の監督に就任。初采配となった7日のボルドー戦は0―3で敗れていた。国際Aマッチ期間でリーグ戦が1週休みだったことで「練習の時間を取れた。それぞれの選手に攻守における役割を説明した。サラとも話をしたし、練習に取り組んだ」とマンツーマン指導で不振のチームに浮上のきっかけをもたらした。

 チームは今季2勝目で勝ち点を9に伸ばし、モナコを抜いて18位に浮上。「過去10カ月でナントは4勝しかしていない。まだ何も成し遂げていない。もっと仕事をしないと」と8度のリーグ優勝を誇る名門の再建に向けて意欲を語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2018年10月21日のニュース