PR:

本田圭佑、きょう豪デビュー “救世主”と期待も大誤算…日本で試合中継なし

今季開幕戦に向け記者会見するメルボルン・ビクトリーの本田圭佑
Photo By 共同

 サッカーのオーストラリアAリーグ、メルボルン・ビクトリーに加入した元日本代表MF本田圭佑(32)が、いよいよ新天地でデビューを果たす。20日のメルボルン・シティーとのダービーは、20日の日本時間午後5時50分キックオフ。これを機にAリーグについて紹介してみたい。

 同国初のプロサッカーリーグとしてAリーグがスタートしたのが2005年。当初8チームで、現在はニュージーランドの1チーム(ウェリントン・フェニックス)を含む10チームで構成される。レギュラーシーズンは3回戦総当たり(27節)のリーグ戦で争われ、上位6チームがファイナルシリーズと呼ばれるプレーオフに進出。変則トーナメントで年間王者が決まる。プレーオフ制、下部リーグと入れ替え(昇格、降格)がないこと、年俸上限を定めるサラリーキャップ制など、米国のメジャーリーグサッカー(MLS)と共通点が多い。

 Aリーグの大きな課題は観客減少だ。シドニーFCに元イタリア代表FWデルピエロが在籍した2013〜14年シーズンのリーグ平均入場者数は1万3479人だったが、昨シーズンは1万926人と5季連続で減り続けている。そこでリーグは人気回復のためにスター選手の獲得に動いた。元スペイン代表のMFイニエスタ(現J1神戸)、同FWフェルナンド・トーレス(現J1鳥栖)らも候補に浮上した中で、最終的に白羽の矢が立ったのが本田だった。

 オーストリア協会のギャロップCEOは「本田の経験、実力、そしてマーケッタビリティー(市場価値、商品価値)は、アジアと世界においてAリーグのイメージと評価を大いに高めてくれるだろう」と“救世主”として大きな期待を寄せる。デルピエロの2倍以上とされる360万米ドル(約4億円)の高額年俸の半分以上をリーグと地元放送局が負担した一大プロジェクト。本田の活躍がチームだけではなく、リーグの浮沈の鍵を握るといっても過言ではない。

 日本のファンにとって楽しみといえるのが、メルボルン・ビクトリーが昨季の年間王者として2019年のACL(アジア・チャンピオンズリーグ)に出場すること。Jリーグチームと1次リーグで同組になれば、日本で本田のプレーが見られる可能性が出てくる。一方で残念なのが、開幕時点で日本での試合中継がないこと。ジャパンマネーを期待していたAリーグにとっても大きな誤算かもしれない。(記者コラム)

[ 2018年10月20日 10:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:11月21日02時〜03時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      ACL

      海外サッカー

      コラム