本田 ボランチで豪デビューも!五輪OA枠見据え準備着々

[ 2018年10月19日 05:30 ]

今季開幕戦に向け記者会見するメルボルン・ビクトリーの本田圭佑
Photo By 共同

 さあ、オーストラリアデビューだ。オーストラリアAリーグ、メルボルン・ビクトリーMF本田圭佑(32)が、20日のリーグ開幕戦メルボルン・シティー戦に向けた18日の記者会見に出席した。「いよいよ試合ができる。とても楽しみ。いい練習を重ねてきたし、戦術面でも準備は整っている」。日本代表時代と同じ背番号4でピッチを踏む、その時を待ちわびた。

 開幕戦はメルボルンの熱が集結するダービー。「ダービー戦の経験は豊富なので、この試合の重要さは知っている。開幕戦でというのはビジネス面の都合かな」。流ちょうな英語に、ユーモアまで織り交ぜた。8月にはマスカット監督と会食で、OA枠での出場を狙う東京五輪に向けてボランチでの起用を“直訴”しており、新ポジションで出場する可能性もある。選手、監督業、ビジネスマンと3つの顔を持つ32歳。新たな挑戦の幕が開く。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2018年10月19日のニュース