×

横浜 17大会ぶりに決勝進出 鹿島20冠は持ち越し ルヴァン杯準決勝第2戦

[ 2018年10月14日 18:24 ]

<ルヴァン杯準決勝第2戦 横浜・鹿島>前半34分、ゴールを決め喜ぶ仲川(右から2人目)=撮影・小海途 良幹
Photo By スポニチ

 Jリーグ・YBCルヴァン・カップ準決勝第2戦(14日・ニッパツ三ツ沢球技場ほか=2試合)横浜が鹿島と2―2で引き分け、通算1勝1分けで優勝した2001年以来17大会ぶりに決勝へ進んだ。前半にビエイラと仲川がゴールを奪い、後半に2失点したが勝ち越しは許さなかった。

 鹿島はクラブ通算20個目のタイトル獲得が持ち越しとなった。

 第1戦を1―1で引き分けた湘南はホームで柏と対戦した。

 決勝は27日に埼玉スタジアムで行われる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2018年10月14日のニュース