モナコ指揮官解任 新監督候補にアンリ氏浮上、就任すれば自身初の監督職

[ 2018年10月12日 05:30 ]

<2018年W杯ロシア大会準決勝 フランス・ベルギー>エデン・アザール(10)を抱きしめるベルギー代表・アンリコーチ(AP)
Photo By AP

 フランス1部モナコは11日、レオナルド・ジャルディン監督(44)の解任を発表した。2季前には国内リーグ優勝と欧州CL4強入りを果たしたが、今季はリーグ18位、欧州CL開幕2連敗と低迷していた。後任候補には元フランス代表FWのティエリ・アンリ氏(41)が挙がっている。現役時代の94〜99年にモナコで活躍したアンリ氏は、引退後の16年からベルギー代表コーチを務めており、となる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2018年10月12日のニュース