パナマ指揮官は失望「0―3の内容ではない。ばかげた形で失点した」

[ 2018年10月12日 22:02 ]

国際親善試合   日本3―0パナマ ( 2018年10月12日    デンカS )

 森保一監督(50)率いるサッカー日本代表は12日、新潟市のデンカビッグスワンスタジアムで行われた国際親善試合でパナマ代表と対戦。MF南野拓実(23=ザルツブルク)とMF伊東純也(25=柏)の2試合連続ゴールなどで3―0と勝利を収め、新生ジャパン2連勝を飾った。

 ▼ステンペル・パナマ代表監督の話 0―3で負けるほどのパフォーマンスではなかった。日本にとって難しい時間もつくりだせたが、決定力を欠いた。そして、ばかげた形で失点した。今日の結果には失望している。

続きを表示

「日本代表」特集記事

「サッカーコラム」特集記事

2018年10月12日のニュース