森保監督 12日パナマ戦主将は麻也「世界トップで戦っている」

[ 2018年10月11日 17:00 ]

日本代表DF吉田麻也
Photo By スポニチ

 日本代表の森保一監督(50)は11日、翌日に新潟で行われる国際親善マッチ・パナマ戦の前日会見に臨み、16日のウルグアイ戦も含め今回は吉田麻也(30=サウサンプトン)に主将を任せることを明かした。

 吉田が不在だった9月の初陣では、広島時代の教え子でもあるMF青山敏弘(32)を主将に指名したが、指揮官は「日本代表でもトップクラスの経験の持ち主。所属クラブでも世界トップリーグで戦っている。彼自身も向上心を持ってピッチの中でも全力を尽くしている。チームを機能させるために、周りとのコミュニケーションをとっている。そのいう部分を見て決めました」と吉田をキャプテンに指名した理由を説明。9日に取材に応じた吉田も「僕はポジション的にも立場的にも引っ張っていかないといけない」と語っており、今後もピッチ内外での活躍に期待がかかる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2018年10月11日のニュース