マンU、決定力欠きスコアレスドロー “公式戦4戦勝ちなし”にファンもやきもき

[ 2018年10月4日 05:30 ]

欧州チャンピオンズリーグ   マンチェスターU0―0バレンシア ( 2018年10月2日 )

無得点に終わったマンチェスターユナイテッドのルカク
Photo By AP

 2日に各地で1次リーグE〜H組の第2節8試合が行われ、G組で大会3連覇中のレアル・マドリードがアウェーでFW西村拓真(21)の所属するCSKAモスクワ(ロシア)に0―1で敗れて初黒星。西村はベンチ入りしたが、出場機会はなかった。H組のマンチェスター・ユナイテッドはホームでバレンシアと0―0で引き分けた。

 マンチェスター・ユナイテッドのスコアレスドローという結果にホームのファンから「攻撃しろ」とヤジが飛んだ。公式戦4戦勝ちなし。解任危機が報じられているモウリーニョ監督は「言論の自由がある。特にユナイテッドのファンには」と不機嫌そうに語った。試合前にはチームバスの到着が渋滞で遅れるアクシデントも発生。準備不足の影響か、シュート16本で枠内を捉えたのは6本と決定力を欠いた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年10月4日のニュース