麻也、フル出場も同点弾許す「残り10分で失点を食い止めるかどうか」が重要に

[ 2018年10月4日 05:30 ]

イングランドリーグ杯3回戦   サウサンプトン1―1(PK4―3)エバートン ( 2018年10月2日 )

エバートン戦で競り合うサウサンプトンの吉田
Photo By 共同

 サウサンプトンのDF吉田は2日、リーグ杯3回戦エバートン戦に主将マークを巻き3バックの中央でフル出場した。

 リーグ戦では出番に恵まれず、今季公式戦で2度目の出場には「首の皮つながったね」と笑顔も見せたが、試合は1―0の後半40分、吉田が相手FWとの競り合いに体勢を崩し、直後に同点弾を許してしまった。PK戦の末に勝利したものの、「残り10分のところで失点を食い止めるかどうかが、僕の評価に関わってくる」と悔しそうだった。それでも久々の出場機会を得て、きょう4日発表の日本代表にも選出が濃厚。「呼ばれれば合流しますよ」と話していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年10月4日のニュース