ドイツ2部フュルト・井手口、右膝じん帯損傷 活躍期待されるも痛恨の離脱

[ 2018年10月4日 05:30 ]

ドイツ2部フュルトMF井手口
Photo By スポニチ

 ドイツ2部フュルトのMF井手口が右膝後十字じん帯を損傷したことが3日、判明した。全治は2カ月の見込みで今後は帰国し、都内施設などでリハビリする予定。

 井手口は9月30日のドレスデン戦に先発するも相手選手との競り合いで負傷し、前半30分に途中交代した。新天地でのデビュー戦となった9月15日のキール戦では初得点をマーク。今後を期待されていただけに痛恨の離脱となった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年10月4日のニュース