本田圭佑、帝京大と業務提携「帝京大が持っている全てを僕はフル活用したい」

[ 2018年10月4日 05:30 ]

本田圭佑
Photo By スポニチ

 帝京大は東京都内で八王子キャンパスに開所した新たなスポーツ医科学センターについての会見を行い、サッカー元日本代表の本田圭佑(メルボルンV)と業務提携開始で合意したと発表した。主な内容は同センター所属のアスレチックトレーナーによる本田のサポートや、監督兼GMを務めるカンボジア代表やカンボジア国内リーグへのトレーニング指導など。ビデオレターを寄せた本田は「帝京大が持っている全てをフル活用したい」と話した。

 全国大学選手権10連覇を目指す同大ラグビー部や、OGで空手の組手女子68キロ超級の植草歩(JAL)も同センターを活用。会見に出席した植草は「帝京大と一緒に東京五輪優勝します」と抱負を述べた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年10月4日のニュース