PR:

G大阪GK東口 4連勝中も「ダービーに流れは関係ない」

明治安田生命J1リーグ第29節   C大阪―G大阪 ( 2018年10月6日    ヤンマー )

 G大阪は3日、吹田市内の練習場で冒頭15分間公開のトレーニングを行った。目下4連勝中で、前節・広島戦の勝利でJ2降格圏も脱出。上り調子だが、日本代表GK東口順昭(32)は敢えて細心の注意を払う必要性を口にした。

 「ダービーに流れは関係ない。この1戦に全力を注げるかどうかだけ」。引き合いに出したのはホームで戦った4月21日の1戦だった。G大阪は前試合で長崎に0―3で敗れて最下位。かたやC大阪は4連勝中だった。対極な状況にある中で迎えた1戦はG大阪の1―0勝利。特別な雰囲気が漂うダービーは、それまでの勢いだけで臨める試合ではないのは重々理解している。

 東口にとっては“因縁”の1戦でもある。G大阪移籍後はリーグで6度戦って3勝3分けと負けなしだが、前回対戦時は味方と交錯して顔面骨折。前半16分での交代を余儀なくされた。「結果的に勝ったけど自分も一緒になって取った勝ち点ではない。今回は最後まで出たいですね」と笑わせ「ずっと勝ち続けたい」と大阪ダービーでの連勝を見据えた。

[ 2018年10月3日 19:45 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:11月18日14時〜15時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      ACL

      海外サッカー

      コラム